Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
在宅緩和ケアを受けた終末期独居がん患者の背景や診療実態と自宅死亡の関連要因
橋本 孝太郎佐藤 一樹河原 正典鈴木 雅夫
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 1 号 p. 39-48

詳細
抄録

【目的】在宅緩和ケアを受けた終末期独居がん患者の実態と,自宅死亡の関連要因を明らかにすること.【方法】2013年6〜11月末までに在宅特化型診療所17施設の診療を受けたがん患者1032名を対象に診療録調査を実施し独居群・非独居群間で背景や転帰,利用したサービスや医療内容を比較し,独居群の自宅死亡の関連要因を探索した.【結果】独居群は,高齢であり,診療開始時の全身状態が良く,看取りの場所は自宅以外を希望し,社会的問題による入院が多かった.独居群の自宅死亡の関連要因は,別居の家族が自宅死亡を望んでいる(オッズ比(OR)=14.0),診療開始時の全身状態不良(OR=4.0),在宅診療中の入院歴なし(OR=16.6)であった.【結論】終末期独居がん患者の自宅死亡には別居の家族の希望,診療開始時の全身状態,診療中の入院歴が関連していたことが明らかとなった.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top