Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
喉頭摘出者の不安・抑うつ傾向と個人属性および日常生活における困難感との関連
照屋 典子砂川 洋子豊里 竹彦伊波 華知念 正佳木村 安貴與古田 孝夫
著者情報
ジャーナル フリー HTML

13 巻 (2018) 1 号 p. 49-56

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (2519K) 発行機関連絡先
抄録

本研究は,喉頭摘出者の不安・抑うつ傾向と個人属性および日常生活における困難感との関連性を検討することを目的とした. A県患者会に所属する135名を対象に無記名の質問紙調査を行った.調査内容は基本属性,日常生活における困難感,不安・うつ尺度(NAS-J-L 6項目)である.有効回答が得られた43名を対象として重回帰分析を行った結果,年齢(β=-0.369,p=0.004),外出・趣味に関する困難感(β=0.419,p=0.002)は不安・うつ尺度得点と有意な関連性が認められ,若年,中年者および外出・趣味に困難を有する者では不安・抑うつ傾向が高いことが明らかとなった.看護者はこれらの対象者に対し,より注意深く心理状況や生活環境のアセスメントを行い,継続的な心理社会的支援を行う必要性が示唆された.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top