Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
緩和ケア病棟における抑うつスクリーニングツールとしてのPHQ-9日本語版「こころとからだの質問票」の有用性について─精神科常勤医師のいない病棟への導入─
髙木 健司高塚 直能佐々木 翼森 香津子小川 直美伊藤 慎二
著者情報
ジャーナル フリー HTML

13 巻 (2018) 1 号 p. 69-75

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (2569K) 発行機関連絡先
抄録

【目的】当院は精神科医が非常勤であり,患者の精神状態の評価は各医療者の主観的判断となっていた.そこで,抑うつをスクリーニングし専門医への連携に繋げる目的でPatient Health Questionnaire(PHQ)-9を導入したため,後方視的に検討した.【方法】2016年1月1日〜10月31日までに緩和ケア病棟に入院した全患者を対象とした.入院時にPHQ-9を行い,10点以上を抑うつありとした.精神科医の診断(P)と照合した.【結果】対象期間中に延べ83名が入院し,50名に施行し得た.PHQ(−)・P(-)32名,PHQ(+)・P(-)7名,PHQ(-)・P(+)2名,PHQ(+)・P(+)9名であった.P(+)11名であり,PHQ-9の抑うつに対する感度,特異度は81.8%,82.1%であった.【結論】緩和ケア病棟入院時においても,抑うつのスクリーニングとしてPHQ-9の有用性が示唆された.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top