Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
短報
看護大学生を対象とした終末期ケアシミュレーションの評価─振返り用紙による質的検討─
犬丸 杏里玉木 朋子横井 弓枝冨田 真由藤井 誠辻川 真弓
著者情報
ジャーナル フリー HTML

13 巻 (2018) 2 号 p. 181-186

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (2188K) 発行機関連絡先
抄録

【目的】終末期ケアシミュレーション(terminal care simulation: TCS)参加者がTCSを通して何を感じたかを質的に明らかにすることを目的とした.【方法】TCS後に振返り用紙への自由な回答を求め,その内容を質的に分析した.【結果】参加者39名.振返り用紙へ記載された内容は334記録単位に分割でき〈コミュニケーションに関する知の獲得〉〈実施方法への評価〉〈看護に関する自己の理解〉〈看護に関する自己の肯定的見通し〉〈終末期に関する知の獲得〉〈場の雰囲気に対する評価〉〈学習機会の取得〉〈看護に関する自己の肯定的変化〉〈デブリーフィングの効果〉〈経験への評価〉〈リアリティの実感〉〈看護の知の獲得〉〈教員の関わりに対する評価〉の13カテゴリーが形成された.【考察・結論】現実的な感覚が結果に現れたことから,模擬患者の協力がTCSでの現実味の体験に貢献したと考える.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top