Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
活動報告
子どもをもつがん患者・家族に必要な支援の後方視的検討
小嶋 リベカ高田 博美石木 寛人木内 大佑里見 絵理子
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2019 年 14 巻 2 号 p. 73-77

詳細
抄録

子育て世代のがん患者には親役割に関連した特有の気がかりがあるが,患者・家族が求める子ども支援の実態報告は少ない.われわれはその支援の在り方を明らかにするために,当院緩和ケアチームによる子ども支援(2013年4月〜2015年9月)の実際について後方視的に検討した.対象症例患者は131例(男性/女性41/90例),平均年齢43.3歳だった.主な原発巣は消化器,肺・胸膜,乳腺で,進行再発例が約8割だった.子どもの総数は239人,平均年齢は9.6歳.相談は患者のみならず,患者の家族(配偶者など)からもされた.主な相談内容として「病状に対する子どもの理解と反応」,「親としての思い」,「病状の伝え方」の3つのカテゴリーが抽出された.がん患者および家族の子どもに関する相談内容は,病名告知の有無や子どもの年齢,反応に応じて多様である.よって,個別のニーズに応じて,多種職との連携を行いながら支援する必要がある.

著者関連情報
© 2019日本緩和医療学会
前の記事
feedback
Top