Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
短報
在宅終末期がん患者に対する臨死期における鎮静薬使用の実態と在宅療養期間への影響
橋本 孝太郎佐藤 一樹佐々木 光晴高林 広明河原 正典鈴木 雅夫
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2019 年 14 巻 3 号 p. 187-192

詳細
抄録

【目的】在宅終末期がん患者に対する臨死期の鎮静薬の使用と,在宅療養期間との関連を明らかにする.【方法】2013年6〜11月末までに在宅特化型診療所17施設の診療を受けたがん患者1,032名の診療録調査から自宅死亡前48時間以内に使用した鎮静薬を調べ,鎮静薬使用群と不使用群に分けて,在宅療養期間を比較した.【結果】使用された鎮静薬はジアゼパム(n, %:100, 52%), フルニトラゼパム(29, 15%), ブロマゼパム(27, 14%), ミダゾラム(26, 13%), フェノバルビタール(20, 10%)の順であった.鎮静薬使用群と不使用群とで療養期間中央値[四分位範囲]はそれぞれ,26[13, 63]日,25[10, 64]日(Adj p=0.79)であった.【結論】在宅終末期がん患者に対する,臨死期の鎮静薬使用は24%にみられ,その半数以上はジアゼパムであった.在宅療養期間との関連は認めなかった.

著者関連情報
© 2019日本緩和医療学会
前の記事
feedback
Top