Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
症例報告
アセトアミノフェンの添加剤が原因と推察されたアレルギーの1例
原口 哲子髙橋 佳子大久保 晃樹西小野 美咲榊 美紀原口 優清
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2019 年 14 巻 3 号 p. 197-201

詳細
抄録

【緒言】解熱鎮痛剤であるアセトアミノフェンはWHO(世界保健機関)方式がん疼痛治療法では代表的な薬剤の一つとして位置づけられている.【症例】75歳,女性. 左上葉肺がん術後再発.多発骨転移によるがん疼痛に対しアセトアミノフェンを使用していたが,同薬剤の商品を変更しアレルギー症状が出現したため中止し,症状は消失した.同薬剤の別の商品へ変更し継続した.【考察】アレルギー症状はアセトアミノフェンの添加剤が原因と推察された.【結論】アセトアミノフェンによるアレルギー症状の出現時,規格を変更することで薬剤使用を継続できる可能性がある.

著者関連情報
© 2019日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top