日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第65回春季研究発表大会
セッションID: C5-04
会議情報

共時的デザイン研究のすすめ
デザイン・コーバスの構築をめざして
*永田 喬
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

日本でのデザイン研究は70年前に自然、社会、人文科学および工学などを取り込んだ学際的な研究として発展してきた。しかし、見落とされてきたものに、ある一時点の言語の様態に関する言語研究の共時的方法である。だか、デザイン研究は製品、視覚、空間、その他の様態には無関心であったとも言えよう。本稿は共時的方法の知見を提言し、世界の多様な文化圏の人々に行った調査結果を報告する。

著者関連情報
© 2018 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top