日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第67回春季研究発表大会
セッションID: L-01
会議情報

サインデザインに着目した「巡りのデザイン」に関する基礎的研究
*山本 康介三寺 潤池田 岳史
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本研究では、観光に欠かせない“サインデザイン”に焦点をあてて、街を回遊させるためのデザインについて実践的な研究を行った。得られた成果は下記の通りである。1.住民主体のデザインを模索するため、地域が持つブランドイメージについてアンケート調査を行った。2.次に得られたブランドイメージ分析より、和柄をモチーフとしたデザインコンセプトを立案した。3.サインデザインを通した巡りのデザインについて検討し、社会実験を行った。以上のようなプロセスを通して、サインデザインに着目した「巡りのデザイン」のひとつの在り方について提示した。

著者関連情報
© 2020 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top