交通工学論文集
Online ISSN : 2187-2929
ISSN-L : 2187-2929
特集号B(実務論文)
帯状ガイドライトの設置条件がドライバのワークロードと線形誘導性に与える影響について
萩原 亨佐藤 嘉哉川村 彰富山 和也佐々木 伸曽根 翔太高木 一誠国村 昌生
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 3 巻 4 号 p. B_11-B_18

詳細
抄録

夜間の雨環境と雪環境における帯状ガイドライトの設置条件に関する検討をドライビングシミュレータ(DS)で検討した。NASA-TLX とステアリングエントロピーを用いてドライバのワークロードを評価した。帯状ガイドライトの設置条件として 5 条件を設定した。帯状ガイドライトの線状反射光のピッチ(長さ)として 5m と 15m を設定し、その設置密度 23% から 50% の間で変動させた。高速道路の曲線半径 400m と 800m を DS で再現し、帯状ガイドライトの設置条件の視線誘導性を評価した。雨環境と雪環境の各々で 20 名と 18 名が実験に参加した。帯状ガイドライトの設置密度が 30% 前後であっても、夜間の悪天候下においてドライバのワークロード低減に貢献することが分かった。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 交通工学研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top