交通工学論文集
Online ISSN : 2187-2929
ISSN-L : 2187-2929
特集号A(研究論文)
交差点部の走行挙動に深層学習を用いた異常運転検知に関する研究
宮内 弘太高田 和幸篠原 もえ子藤生 慎
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 7 巻 2 号 p. A_19-A_28

詳細
抄録

近年,高度道路交通システムの発展に伴い,車両の性能向上に関心が高まっている.一方で,我が国では,自動車運転者による故意な危険運転や煽り運転,高齢運転者による事故が深刻な社会問題となっている.これらの問題を解決する方法として,事故の発生に結びつく要因を検知し,車両が適切な対応をする技術が必要である.

本研究では,事故の発生場所が多いとされている交差点部の走行挙動に着目し,事故の発生に結びつく要因が表れた時に検知する手法の提案を行う.LSTM Auto encoder を用いて普段の運転とは乖離した走行挙動が観測された時に異常運転が発生したと仮定し,手法の有効性を検証した.提案した手法を既往研究と比較したところ,検知精度は最も高く,検知タイミングは比較的早く検知できることが確認された.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人 交通工学研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top