脳卒中
Online ISSN : 1883-1923
Print ISSN : 0912-0726
ISSN-L : 0912-0726
原著
脳出血急性期の至適血圧についての検討─FSR: Fukuoka Stroke Registry:「多施設共通データベースを用いた脳卒中急性期患者の病態解明に関する疫学研究」のデータを用いて─
緒方 利安中根 博矢坂 正弘湧川 佳幸岡田 靖北園 孝成
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 33 巻 1 号 p. 9-16

詳細
抄録

われわれは,Fukuoka Stroke Registry(FSR)のデータを用いて,脳出血急性期の血圧と退院時予後の関連を検討した.2007年6月から2008年5月までのFSR登録症例のうち,発症24時間以内の脳出血患者で発症前mRS 2以下だった40例が対象である.退院時mRSが2以下の症例を予後良好例とした.来院時,来院6時間後,発症24時間後,発症7日後の血圧値を予後良好,不良群で比較した.予後良好と関連する因子を単変量,多変量解析で抽出した.多変量解析では,発症24時間後の収縮期血圧が有意に予後良好に関連しており,それが135 mmHg以下であることが予後良好に関連していた.

著者関連情報
© 2011 日本脳卒中学会
前の記事 次の記事
feedback
Top