日本血管外科学会雑誌
Online ISSN : 1881-767X
Print ISSN : 0918-6778
原著
非定型的な位置の不全穿通枝に起因する下肢静脈瘤手術症例の検討
草川 均
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 27 巻 6 号 p. 461-466

詳細
抄録

【目的】いわゆるDodd, Boyd, Cockettのような定型的な穿通枝以外の非定型的な不全穿通枝(IPV)による下肢静脈瘤症例について,今回手術経験症例をまとめた.【方法】2014年1月から2018年6月に,下肢静脈エコーで診断し,患者の希望で治療した43肢の非定型的な位置のIPVに起因する下肢静脈瘤につき,局在,症例像,症状,治療とその結果を分析した.【結果】原因のIPVは筋肉のコンパートメント間を走行していた.局在は,大腿下部後外側が16肢と最も多く,続いて膝窩付近9肢,下腿下部後外側7肢と続いた.42肢に不全穿通枝直接結紮切離と関連側枝静脈瘤切除を,1枝には硬化療法を行い,40肢では筋膜下の閉塞を得たが,3肢では筋膜レベルでto and froの血流が遺残し,stamp側枝からの再発に注意して経過観察中である.【結論】下肢静脈瘤の原因となる非定型的IPVは大腿下部後外側に多く,正確なエコー診断のもと,筋膜外に断端,関連側枝を残さない結紮切離が重要である.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top