水資源・環境研究
Online ISSN : 1883-9398
Print ISSN : 0913-8277
ISSN-L : 0913-8277
論説
住民と河川行政との連繋手法についての研究
「琵琶湖河川レンジャー」を事例として
佐々木 和之仲間 浩一
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 21 巻 p. 47-55

詳細
抄録

住民と河川行政とが連繋した事例は存在し、連繋の成果はあらわれている。しかし、具体的にどんな連繋に向けた手順が住民と河川行政とをつなぐポイントとなるのかは、各々の現場で蓄積されてはいるものの、とりまとめられてはおらず、各現場で試行錯誤されている状況である。
本研究は住民と河川行政との連繋に向けた試行を行っている主体の一つである琵琶湖河川レンジャーを対象に、今後の住民と河川行政との連繋に向けて押さえるべきポイントを明確にすることを目指し、レンジャーが実際に行った連繋の手順を明らかにすることを目的とした。
結果、いわゆる行政の縦割りが問題なのではなく、住民と河川行政との連繋において、ポイントとなる情報は河川行政の各課内の担当者でないと分からず、従ってレンジャーが行った担当者への情報収集は、連繋に大きな役割を果たしていることが判明した。

著者関連情報
© 2008 水資源・環境学会
前の記事 次の記事
feedback
Top