化学と教育
Online ISSN : 2424-1830
Print ISSN : 0386-2151
ISSN-L : 0386-2151
新・講座:酸・塩基
化学の「見方・考え方」を伝える酸・塩基の演示実験
加藤 優太
著者情報
解説誌・一般情報誌 フリー

2020 年 68 巻 7 号 p. 302-305

詳細
抄録

化学の「見方・考え方」を伝えるには,実験を通して科学的に探究する活動を繰り返す必要がある。高校「化学基礎」の「酸・塩基と中和」の単元では,目には見えない粒子の存在を想像し,その量的関係を探究する。酸や塩基の水溶液中に存在する粒子の物質量に注目させる実験教材を2点紹介する。

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 日本化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top