日本航空宇宙学会誌
Online ISSN : 2424-1369
Print ISSN : 0021-4663
ISSN-L : 0021-4663
特集 大電力電気推進が拓くオール電化衛星 第3回
技術試験衛星9号機によるオール電化衛星の開発
鳩岡 恭志佐野 伊彦工藤 伸夫久本 泰慶深津 敦
著者情報
ジャーナル 認証あり

2017 年 65 巻 10 号 p. 309-313

詳細
抄録

世界の商用静止通信衛星市場では,従来の通信衛星に対して通信容量(スループット)を大幅に向上させた高速大容量のハイスループット衛星(HTS)が増加しつつある.この状況の中で,我が国の静止通信衛星が国際競争力を持つためには,従来の化学推進衛星に比べ推薬質量を大幅に低減可能なオール電化衛星技術を獲得し,打上げコストに影響する衛星質量を増加させずに多数の中継器搭載を可能とすることが必要である.2021年度に打上げを目指す技術試験衛星9号機では,オール電化衛星バスを開発し,軌道上実証する計画である.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本航空宇宙学会
前の記事 次の記事
feedback
Top