日本航空宇宙学会誌
Online ISSN : 2424-1369
Print ISSN : 0021-4663
ISSN-L : 0021-4663
最新号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
特集 亜音速機の環境性能を向上させるエコウィング技術の研究開発成果紹介 第6回
  • 野村 聡幸
    2022 年 70 巻 5 号 p. 111-114
    発行日: 2022/05/05
    公開日: 2022/05/05
    ジャーナル 認証あり

    エコウィング技術の研究開発事業WP2において,現行技術を想定した220席級ベースライン機3機(Tube & Wingの767相当機,ダブルバブル胴体のHELNA0A, BWB)の概念設計と空港騒音評価を行った.さらに,前記3機に先進技術の効果を入れ,設計パラメータの最適化を行って,2030年代の開発開始を想定した将来機3機(767将来機,TRA2035A, BWB将来機)の概念設計を行った.将来機3機の空港騒音はベースライン機の空港騒音と文献値から簡便に求めた.その結果,767将来機とBWB将来機の中間形態と言えるTRA2035Aは,JAXAが将来機に対して設定した2つの環境性能目標値(燃費:同級現行機から50%の燃料消費量削減,騒音:ICAO Chap. 4−30 dB)を満足する可能性があることが分かった.

特集 第 59 回飛行機シンポジウム
トピックス
その他
feedback
Top