日本航空宇宙学会誌
Online ISSN : 2424-1369
Print ISSN : 0021-4663
ISSN-L : 0021-4663
特集 設計最適化・設計探査 第9回
不確かさを考慮した多目的ロバスト最適設計
小木曽 望
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 67 巻 7 号 p. 254-260

詳細
抄録

不確かさを考慮する最適設計であるロバスト最適設計を多目的最適設計問題として定式化するとともに,その適用例を紹介する.多目的最適設計としては,不確かさをもつ設計パラメータのノミナル値(平均値)に対する設計指標と,設計パラメータの不確かさ(変動)による性能指標の低下量を,それぞれ別の目的関数に設定する.これにより,設計パラメータの不確かさが性能指標におよぼす影響をより明確に示すことができる.このことを,簡単な数値例を通して示す.次に,パレート解を正しく評価でき,かつ計算効率が高い手法として,満足化トレードオフ法による解法を示す.これは単一目的最適設計問題に帰着させる方法ではあるが,通常の加重和法と異なり,パレート面が非凸形状であってもパレート解を求めることができる.その適用例として,高精度宇宙リフレクタにおいて,副鏡調整機構の故障を考慮する設計問題を紹介する.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 日本航空宇宙学会
前の記事 次の記事
feedback
Top