マーケティングジャーナル
Online ISSN : 2188-1669
Print ISSN : 0389-7265
論文
「硬さ」「重さ」の感覚と消費者の意思決定
─ 身体化認知理論に基づく考察 ─
外川 拓石井 裕明朴 宰佑
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 35 巻 4 号 p. 72-89

詳細
抄録

近年の研究では,本来,消費者の判断と直接的に関連していない触覚情報,すなわち非診断的触覚情報が,意思決定に無意識のうちに影響を及ぼすことが明らかにされている。本稿では,非診断的触覚情報のなかでも特に硬さと重さに注目し,これらが消費者の意思決定に及ぼす影響について,身体化認知理論をもとに考察した。硬さに注目した実験1と実験2では,硬さの経験が本来関連のない製品に対する知覚品質を向上させたり,サービスの失敗に対する金銭的補償の要求水準を高めたりすることが明らかになった。重さに注目した実験3と実験4では,重さの経験が本来関連のない製品に対する信頼性や製品情報に関する記憶想起を高めることが明らかになった。最後に,これらの結果を踏まえ,本研究の意義と課題について議論を行った。

著者関連情報
© 2016 日本マーケティング学会
前の記事 次の記事
feedback
Top