Medical Imaging Technology
特集 / 実用的なCADシステムのための臨床医からの期待と提言
口腔・頭頸部領域の医用画像
関谷 浩太郎楠本 昌彦
著者情報
キーワード: 頭頸部がん, 悪性腫瘍, CAD, DECT, ADCT
ジャーナル 認証あり

35 巻 (2017) 3 号 p. 134-139

詳細
PDFをダウンロード (2128K) 発行機関連絡先
抄録

口腔・頭頸部領域における医用画像を,コンピューター支援診断(CAD)への応用を念頭において提示し,画像診断の臨床的意義から,開発の期待される内容を検討した.読影的視点から,これまでの画像においても,病変の進展範囲や解剖構造を同定するCADの開発が期待される.撮像的視点では,物質弁別を行える近年の撮像方法とCADの組み合わせによる,新たな診断法の開発が望まれる.

著者関連情報
© 2017 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top