脳と発達
Online ISSN : 1884-7668
Print ISSN : 0029-0831
ISSN-L : 0029-0831
原著論文
小児てんかん患児のQOL
—患児家族と医師とのギャップ分析—
粟屋 豊久保田 英幹
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 43 巻 1 号 p. 30-35

詳細
抄録

 小児てんかん患児の生活の質 (QOL) に対する認識について, 患児・家族と主治医とのギャップ調査をし, 診療に役立てることを目的にした. 2006年に実施した日本てんかん協会所属の患者 (5,122名) への大規模アンケート調査で, 回答の得られた患者1,701名, 医師502名のうち, 16歳未満の患児 (家族が回答) とその主治医が対になった107組の解析を行った. その結果, 薬剤に期待する内容や発作時および発作後の症状, 病気への心配などについて, 主治医が十分把握できていないことが判明した. 今後限られた日常診療時間内で, 医師は患児家族から必要な情報を効率的に入手するとともに, それに基づいた治療方針を患児家族に提案し, 両者の考え方ができるだけ一致するように努めるべきと思われる.

著者関連情報
© 2011 一般社団法人日本小児神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top