脳と発達
Online ISSN : 1884-7668
Print ISSN : 0029-0831
ISSN-L : 0029-0831
小児の慢性脳乏血に対する新しい手術法encephalo-duro-arterio-synangiosis
急性小児片まひにおける経験
藤田 正明吉野 邦夫石原 孝之
著者情報
ジャーナル フリー

1986 年 18 巻 3 号 p. 181-185

詳細
抄録

国立療養所西鳥取病院重心病棟入院中の138例のうち, 消化器症状を呈した症例について検討を行った.消化器症状としては, 嘔吐, 吐血が多く全体の18.1%であった.寝たきりの症例では34.2%を占めていた.
胃透視, 胃内視鏡検査施行20例中13例 (65%) は, 嘔吐・吐血が主症状であり, いずれも食道裂孔ヘルニア, 胃・食道逆流によると思われる食道炎の所見を呈していた.
重心児で, 嘔吐, 吐血をくり返す症例, さらには反復性肺炎, 原因不明の貧血をきたす症例では, 食道裂孔ヘルニア, 胃・食道逆流による食道炎を念頭において診療にあたらなければならない.

著者関連情報
© 日本小児小児神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top