応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
最近の展望
分子プログラミング
萩谷 昌己
著者情報
ジャーナル 認証あり

2005 年 74 巻 7 号 p. 930-934

詳細
抄録

DNAコンピューターやDNAナノテクノロジーを中心に,最近の分子コンピューティングの研究動向について概観する.分子コンピューティングの研究は「計算論的ナノテクノロジー」というべき方向へ展開している.「計算論的」という言葉には二つの意味がある.一つは,分子反応に対して「計算」という視点を与え,情報処理機能をもった分子システムを構築することである.もう一つは,分子システムの構築において,各種の情報処理技術を活用することである.特に,分子システムのシステマティックな設計論を,「分子プログラミング」と呼ぶ.

著者関連情報
© 2005 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top