陸水物理学会報
Online ISSN : 2758-7231
陸水物理学会報-第43回研究発表会(2022釧路大会)
会議情報

自然地下水調査法の必要性について
*竹内 篤雄
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 24-

詳細
抄録

これまでに実施されてきている地下水調査法は、主として利用することのできる地下水がどこにどれだけ存在しているかに関する情報を得ることを目的としている。この調査法を地盤災害や地下水障害に適用してきたところにいろいろな齟齬が生じていたのではないかと思う。

著者関連情報
© 2022 陸水物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top