地震工学研究発表会 報告集
Online ISSN : 1884-8451
地震時における盛土の挙動に関する遠心模型実験と解析
飛田 哲男井合 進上田 恭平
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 28 巻 p. 37

詳細
抄録

原地盤を飽和砂質地盤とする盛土に関して動的遠心模型実験, および有効応力解析プログラム (FLIP) による数値解析を実施した. 実験および解析においては, 原地盤の相対密度と入力波の加速度振幅に対する盛土および周辺地盤の変形形態と天端沈下量に着目した. 本研究により明らかになったことは以下のとおりである. (1) 入力加速度振幅にほぼ比例して, 盛土天端の沈下量が増大した. (2) 液状化地盤では自重による沈下が卓越し, 非液状化地盤では慣性力による変形が卓越する. (3) 飽和緩詰め地盤上の盛土沈下は, 原地盤要素が地震時のせん断力により鉛直方向に収縮, 水平方向に伸張することで生じる.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top