日本信頼性学会誌 信頼性
Online ISSN : 2424-2543
Print ISSN : 0919-2697
ISSN-L : 0919-2697
シミュレーションによるLSIゲート酸化膜破壊の特性評価(<特集>LSIのテスト・評価技術)
小山 健宮川 高志市来 勉多田 哲生宮本 和俊
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 31 巻 7 号 p. 520-527

詳細
抄録

LSIの微細化にともないゲート酸化膜が薄くなり,破壊による寿命低下が懸念されている.本稿では,寿命試験に代えてシミュレーションにより寿命特性を評価する方法について述べる.ゲート酸化膜を格子状に分割して欠陥をランダムに1つずつ発生させ,欠陥連がゲート酸化膜を貫通する状態をチェックするプログラムを開発し,ワイブル分布のβ,ηを評価した.この結果,膜厚が欠陥サイズに近くなると特異な特性を示すことが明らかになった.また,シグナル・フロー・グラフを応用した理論解析を部分的に行った.シミュレーション結果を応用して,実験データからβ,ηを推定する方法を提案する.最後に,円形の欠陥を任意の位置に発生させた場合との比較を行う.

著者関連情報
© 2009 日本信頼性学会
前の記事 次の記事
feedback
Top