理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原 著
しゃがみ込み姿勢のバランスを規定する要因
─足関節の柔軟性に加えて下肢・体幹の筋活動に着目して─
畠山 穂高佐々木 誠
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2021 年 36 巻 4 号 p. 607-610

詳細
抄録

〔目的〕しゃがみ込みテストが可能な者の割合を特定し,しゃがみ込み姿勢時の重心動揺と関節可動域や筋活動との関連をみること.〔対象と方法〕健常大学生20名を対象に,しゃがみ込みテストを行わせた.実施可能な者では,足関節背屈角度,下肢・体幹の筋活動の計測,しゃがみ込み姿勢時の重心動揺の相関関係を検討した.〔結果〕可能な者16名,不可能な者4名であった.重回帰分析で,足関節背屈角度,しゃがみ込み姿勢時の前脛骨筋・腹直筋筋活動が,しゃがみ込み姿勢の重心動揺を説明する変数として選択された.〔結語〕大学生においてしゃがみ込みが不可能な者は,先行研究の結果と同様に一定の割合いることが示された.しゃがみ込み姿勢のバランスを規定する要因として,足関節背屈可動域に加え,前脛骨筋・腹直筋の筋機能が関与している可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2021 by the Society of Physical Therapy Science

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top