日本臨床外科学会雑誌
Online ISSN : 1882-5133
Print ISSN : 1345-2843
ISSN-L : 1345-2843
成人特発性気腹症の1例
北島 知夫内村 正幸脇 慎治木田 栄郎甲斐 信博西脇 由朗
著者情報
キーワード: 気腹症, 穿孔性腹膜炎
ジャーナル フリー

1998 年 59 巻 2 号 p. 537-540

詳細
抄録

症例は29歳,女性.主訴は上腹部痛.既往歴,家族歴に特記事項なし.夕食後より心窩部痛,嘔気が出現.その後,腹痛が増強し,近医での胸腹部単純X線写真検査上,左右横隔膜下に遊離ガスを認め,穿孔性腹膜炎の診断で当院入院となった.入院時,上腹部を中心に圧痛,筋性防御を認め,白血球数, CRPの上昇を認めた.胃もしくは十二指腸潰瘍穿孔による腹膜炎を強く考え,手術を選択した.術中所見では,気腹を認めたが,腹水や炎症性の変化は認められず,肉眼および術中内視鏡でも明らかな穿孔部位は確認しえなかった.
既往症に膠原病を考えるような疾患はなく,女性生殖器を介した気腹としても,発症機転となるエピソードもなく,気腹の誘因を確定できず,特発性気腹症と診断した.成人気腹症の中でも極めて稀な例と考えられるので報告する.

著者関連情報
© 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top