安全工学
Online ISSN : 2424-0656
Print ISSN : 0570-4480
ISSN-L : 0570-4480
総説
技術と社会変化に伴う工学システムの安全を考える
野口 和彦
著者情報
ジャーナル 認証あり

2024 年 63 巻 3 号 p. 136-139

詳細
抄録

社会や技術が大きく変化する状況下では , 発生する影響もその許容性も守るべき安全の構造も変化す る . 安全な職場や社会を創り上げるためには , 安全を脅かす新たな可能性を知り安全を確保するために必 要な対策を知る必要がある . 本論では , まず , 技術の変化としてカーボンニュートラル施策に関する技術 や DX 施策の技術がもたらす安全への影響を , 社会の変化として自然災害の激甚化や少子高齢社会の到来 がもたらす安全への影響を整理した . 次に , 工学システムに関する安全の捉え方の変化を論じた . さら に , その対応の仕組みとして組織における経営と現場の役割と必要な安全手法について整理した .

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 安全工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top