総合危機管理
Online ISSN : 2432-8731
災害時における福祉避難所の整備状況に関するアンケートと インタビュー調査による検討
下田 栄次坂上 昇五十嵐 仁戸田 和之
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 5 巻 p. 27-35

詳細
抄録

神奈川県横浜市戸塚区(以下、戸塚区)より配布されている戸塚区防災マップを基に、災害時における要配慮者(以下、要配慮者)とされる高齢者、乳幼児、子供、妊婦、身体障害児・者、発達障害児・者、精神障害者、難病患者、透析患者や介護認定を受けている要支援者および要介護者等の人数と、医療機関および災害拠点病院、避難所、福祉避難所施設の配置を可視化させ、戸塚区における災害時の地域課題を抽出することを目的とした。戸塚区にある福祉避難所38 ヶ所を対象とし、要配慮者対策に関する質問紙調査(以下、アンケート)およびインタビュー調査(以下、インタビュー)を実施した。アンケートを38 施設に送付し、20 施設より回答が得られ(回収率52.6%)、うち5 施設でインタビューを実施した。アンケートおよびインタビューの結果から、防災訓練の実施状況は良好であったが、火災に特化した防火訓練が多く、地震災害や風水害に対応した総合防災訓練を実施している施設が少ないことが明らかになった。また、福祉避難所としての整備状況も不十分であること、近隣住民や該当する要配慮者に向けた福祉避難所までの避難経路やアクセシビリティを検討する体制も未整備であることが明らかになった。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top