バイオメカニズム学会誌
Print ISSN : 0285-0885
研究
脳卒中片麻痺者における歩行中の体幹加速度を用いたposterior peak method の信頼性と妥当性
大谷 啓尊青木 修井上 由里上杉 雅之村上 雅仁加藤 順一安藤 啓司
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 38 巻 2 号 p. 135-142

詳細
抄録

3 軸加速度計を用いた歩行分析では,一般的に加速度前後成分から前方加速度ピークを検出しheel contact を同定する方法がある.しかし,脳卒中片麻痺患者を対象とした歩行時の体幹加速度計測では前方加速度ピークの検出が困難な場合が多い.そこで本研究は加速度前後成分の後方加速度ピークを指標とした時間パラメーターを抽出する方法(posterior peak method)について,その有用性を検証した.その結果,脳卒中片麻痺患者のposterior peak method より得られたストライド時間の級内相関係数[ICC(1,1)]は0.97,床反力計とposterior peak method より得られたステップ時間の相関はr = 0.99(p < 0.01)であった.本研究の結果よりposterior peak method は有用であると考えられた.

著者関連情報
© 2014 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事
feedback
Top