社会政策
Online ISSN : 2433-2984
Print ISSN : 1883-1850
所得政策の現在
座長報告:所得政策の現在
駒村 康平
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 10 巻 3 号 p. 5-9

詳細
抄録

 本特集では,政府による賃金に関わる政策を「所得政策」として位置づけて,近年の政府による賃金決定への介入の評価を分析した久本論文,最低賃金の引き上げが母子世帯の貧困に与える影響を分析した田宮論文,短時間,低賃金労働者への厚生年金の適用拡大の課題を論考した山田論文,アメリカにおける最低賃金の引き上げ運動を紹介した髙須論文の4つの論文を掲載する。これらはいずれも最低賃金に関わる問題を取り上げている。労働組合の組織率が低下し,労働分配率が低迷するなかで,日本において行われている市場,労使交渉の外から,政府が賃金および最低賃金の引き上げに介入することの課題を問い直す特集となっている。

著者関連情報
© 2019 社会政策学会
前の記事 次の記事
feedback
Top