日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
ISSN-L : 0021-5392
報文
アカガレイ卵・仔稚魚期の比重変化および卵発生速度と水温の関係
鈴木 孝太中屋 光裕柳 海均松田 泰平髙津 哲也
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 83 巻 4 号 p. 580-588

詳細
抄録

 アカガレイ卵・仔魚の輸送過程を明らかにする端緒として,飼育実験で,卵・仔稚魚の発生・発育に伴う比重変化の測定および卵発生速度と水温(1-12℃)の関係を調べた。卵の比重は,生息域である噴火湾の海水密度より常に低く,浮上したが,卵黄嚢仔魚では逆転した。屈曲前前期の仔魚の比重は海水密度とほぼ同等になり,それ以降は発育とともに再び高比重になった。水温1-12℃において,卵および卵黄嚢仔魚期の日数は高水温ほど短かった。水温や生息水深別の流向・流速の年較差が卵・仔魚の輸送過程を変化させている可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top