運輸政策研究
Online ISSN : 2433-7366
Print ISSN : 1344-3348
報告
東アジア域内航路の船型動向に関する分析
-基幹航路の大型化によるカスケード効果の影響-
赤倉 康寛渡部 富博
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 11 巻 2 号 p. 037-044

詳細
抄録

わが国の海外との交易の中で,アジア域内の比重が益々増加していくと見られており,これを支えるため,特に東アジア域内航路の状況や船型動向等を正確に捉えていく必要がある.しかし,同航路の状況については,整理された既存データが限られているのが現状である.この点を踏まえ,本報告は,最新のデータをもって,東アジア域内航路の船型動向を定量的に把握したものである.

また,北米・欧州航路への大型船投入は,既存船を他航路へ転配させ,他航路の大型化を導く,いわゆるカスケード効果があるとされている.このカスケード効果が東アジア域内航路の大型化に与えた影響について,航路転配状況を把握することにより分析した.

著者関連情報
© 2008 一般財団法人運輸総合研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top