詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "地衡風"
556件中 1-20の結果を表示しています
  • 櫻庭 信一
    気象集誌. 第2輯
    1942年 20 巻 6 号 182-186
    発行日: 1942年
    公開日: 2009/02/05
    ジャーナル フリー
    The problein of geostrophic departure has recently been diseussed by various authors as R. C. Sutcliffe, F A. Berson, H. Philipps and others. In the present paper is investigated the geostrophic departure due to the field of barometric pressure, neglecting both the isallobaric component and the Sutcliffe's component (thermal wind effect termed by J. Küttner).
    The rectangular components of geostrophic departure are thus given by, discarding small quantities of small order, where ug and υg mean the components of geostrophic wind velocity.
    Now, as the distribution of pressure p, is adopted the from: Which is graphically shown in Fig. 1. Here P_??_=1000mb, A=B/D, B=10mb.
    The horizontal distribution of geostrophic departure corresponding to the above pressure distribution is also shown in Fig. 1 (arrows denote the direetion of departure).
    Further the horizontal divergence: is calculated and sbown in Fig. 2, in which _??_>0 means the divergence and _??_<0 the convergence.
    It is seen in Fig. 2 that in the east side of cyclone the convergence predominates and in the west side divergence predominates. This relation is reversed in case of anticyclone.
    The above relation well explains the asymmetrical structure and the eastward motion of cyclone in temperatnre latitudes.
  • 気象集誌. 第2輯
    1943年 21 巻 10 号 447
    発行日: 1943年
    公開日: 2009/02/05
    ジャーナル フリー
  • 山本 勝, 田中 浩
    理論応用力学講演会 講演論文集
    2004年 53 巻 3F3
    発行日: 2004年
    公開日: 2004/03/25
    会議録・要旨集 フリー
    大気の差動回転の影響を、惑星や恒星の地衡風や準地衡風の力学に組み入れる。ここでは、慣性系の基本流の局所角速度によるコリオリパラメーター(f)と角速度の緯度勾配(D)を用いた。無次元差動回転因子(D/f)とロスビー数(Ro)との間の関係が、惑星や恒星で準地衡風近似が成り立つか否かを決定する。剛体回転(D/fがRoより十分小さい)や弱差動回転(D/fがRoと同程度)では、準地衡風理論を適用できる。しかし、強差動回転(D/fがRoより十分大きい)では、 Roが十分小さい時でさえ、準地衡風理論を適用できない。この準地衡風近似の不成立は、金星のスーパーローテーションの広い範囲で見られる。
  • 玉井 昌宏, 國枝 桂子
    土木学会論文集G(環境)
    2016年 72 巻 7 号 III_67-III_78
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/04/03
    ジャーナル フリー
     火山ガスの簡易なリスク評価法を開発することを目標として,ここでは九州の阿蘇山から放出される二酸化硫黄SO2を対象として,外輪山西側の熊本平野における濃度変動特性と気象状況との関係を検討した.1日程度の時間スケールの変動成分が支配的であることから,24時間分の濃度時系列にクラスター分析を適用し,高濃度となった日を抽出し,各種気象観測データを分析した.その結果,東寄りの強い地衡風で地上風も昼間東寄りの強風となる東風連吹パターン,東寄りの比較的強い地衡風の下で,昼間の地上風が阿蘇山周辺では東寄り,熊本平野では西寄りになる地衡風補償流パターン,地衡風が弱く,広域海風が出現していると推測される海陸風パターンなど,SO2の高濃度状況を発現させるいくつかの典型的な気象パターンを明らかにした.
  • 矢木 秀雄
    気象集誌. 第2輯
    1941年 19 巻 12 号 455-459
    発行日: 1941/12/05
    公開日: 2009/02/05
    ジャーナル フリー
    In the present paper is shown that the ageostrophic wind may be found approximately by the isogeostrophics, which are defined as the lines of equal geostrophic wind.
    §1. Ageostrophic wind
    The equa_??_ions of frictionless motion are (the notations are the same as those in Brunt's book)
    Neglecting the horizontal gradient of ρ and l, (1) is easily transformed as follows:-
    Now if the time variation of the velocity is small where ug, vg are the components of geostrophic wind velocity and _??_=∂p/∂t.
    Neglecting the products of small terms, u, v become, from (3)
    When the pressurè variations are neglected, where q is geostrophic wind velocity.
    Further, when the gradient of geostrophic wind velocity is small,
    From (6) it is seen that the direction of the ageostrophic wind is parallel to the isogeostrophies and keeps the large geostrophic wind to the righthandside in the northern hemisphere.
    (4), (5) and (6) give a good approximation to the true wind, but as it is troublesome to map out (4), (5) within few hours, it will be convenient to use the isogeostrophics with the isallobars, though (6) will fall below (4) more or less in accuracy.
    §2. Convergence.
    Integrating the equation of continuity from Z1, to Z2, and neglecting small terms, the following equation is easily obtained: where u', v' are ageostrophic wind velocity components, _??_ mean vertical velocity and divergence through the layer between the heíght Z1, and Z2.
    From (6) it is known that, at the region where there is divergence of the isogeostrophics, there is convergence of the horizontal flow. Therefore, from (2.1) _??_ may be evaluated, and then the precipitation will roughly calculated. The author used this method to the surface isobars and the estimated isobars at the height of 1km and 2km.
    The author applied the isogeostrophics to every day weather forecasting and found that the divergence (convergence) agrees with the rainy or cloudy region (the fairy), and the estimated precipitation, agrees with the actul one.
  • 玉井 昌宏
    土木学会論文集G(環境)
    2017年 73 巻 7 号 III_203-III_211
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/04/01
    ジャーナル フリー
     筆者らは,火山ガスの簡易なリスク評価法を開発することを目指して,九州の阿蘇山から放出された二酸化硫黄SO2の熊本平野における濃度変動の要因について検討している.本論では,阿蘇山の火山活動が活発化した2013年11月以降のデータを用いて,SO2の1時間値が環境基準値の半分50ppbを越えた事象を対象として,熊本平野内のSO2濃度と地衡風や地上風ベクトル分布といった気象データとの関連性について検討した.その結果,風速5~20m/s程度の東寄り地衡風が吹く晴天日に,あるいは東寄りの地衡風がより強く,日射の影響がない状況で,この基準を超える高濃度事象が発生することが明らかとなった.熊本平野北部地域については,このような条件下では地衡風の補償流として地上付近に北西風が発生することから,高濃度にはならないことがわかった.
  • 藤野 毅, 黒川 潮, 浅枝 隆, 和氣 亜紀夫
    水工学論文集
    1994年 38 巻 387-392
    発行日: 1994/02/28
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    Sea breeze and geostroplic wind which blow from the south not only cool the air in the center of Tokyo but remove a large amount of heat flux produced there to the leeward. In order to evaluate this influences, temperature field of the Tokyo metropolotan area was analyzed by using a turblent closure model.
    As a result, the relation between the strengh of geostrophic wind and a rise in temperature of suburban area was revealed.
  • 渡来 靖, 鈴木 信康
    日本地理学会発表要旨集
    2018年 2018a 巻 522
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/12/01
    会議録・要旨集 フリー
    1.はじめに

    東海から南関東にかけての太平洋沿岸域では,主として冬の季節風吹走時に収束線が形成され,形成域によって「房総不連続線」や「駿河湾収束線」などと呼ばれる.収束線はしばしば積雲列を伴い,風や天候の急変をもたらす.河村(1966)では,中部日本における約600地点の地上気象観測データをもとに冬の地上風系を調べ,地上風の流線は主として4種類に型分けされることを示した.また,それぞれの型において太平洋岸での収束線の形成域が異なることが示された.しかし,データが陸上に限られているため主に海上である収束線の形成域が不正確である可能性があることや,調査期間が5年間で気候学的特徴を示すには不十分であることなどの問題点が考えられる.そこで本研究では,高分解能な長期データを用いて寒候期に東海~関東南岸域で形成される収束線の出現域の特徴や出現頻度について調査した.

    2.データおよび解析手法

     本研究では,JRA-55領域ダウンスケーリング(DSJRA-55)データを用いた(Kayaba et al. 2016).DSJRA-55とは,JRA-55(気象庁55年長期再解析)データを初期値として,気象庁現業メソ数値予報モデル(MSM)により水平分解能5 km格子にダウンスケーリングされたデータであり,日本周辺のメソスケール現象の気候特性を把握するために有用である.ただし,DSJRA-55データは計算時のスピンアップの影響等により,MSMの6~12時間予報程度の誤差を含む.解析期間は1992/93年から2011/12年の寒候期(10~3月)20年間とした.

     収束線の出現頻度を調べるにあたり,DSJRA-55の地上10 m風速データを用いて次の発散値Dを求め,D<-1.0×10-4 s-1 を強い収束域と定義して調査した.また,850 hPa等圧面高度における地衡風は,輪島,館野,八丈島における850 hPaジオポテンシャル高度のゾンデ観測値から平面近似法によって水平勾配を求めることで算出した.

    3.結果
     強い収束の月平均出現頻度を調べると,12~3月にかけて遠州灘~房総半島の沖合で5%を超える出現頻度の領域が広がり,出現頻度の高い領域が外洋に向かって南東方向に延びており,収束線が頻出していることが示唆される.特に,伊豆半島付近から南東方向に高頻出の中心軸が延びており,1,2月には約10%に達している.上空850 hPa面での地衡風向別の出現頻度を見ると,西北西~北西風のときには房総半島南部から東南東に延びる領域で高く,北北西風では伊豆半島から南東に延びる領域で高く,北風では駿河湾から南に伸びる領域で高いというように,上空の地衡風向により収束線の出現域が変化する傾向が示された.地衡風向別の地上風流線合成図をもとに確認すると,河村(1966)のⅠ型は西北西風の場合,Ⅱ型は北西風,Ⅲ型は北北西風,Ⅳ型は北風におよそ相当しており,各型の出現頻度は河村(1966)に比べて,Ⅰ,Ⅱ型が多くⅢ,Ⅳ型が少ない傾向が見られた.収束域の出現頻度は,上空の地衡風向が北西風の場合が最も多かった(全体の約2.8%).地衡風向が北風の際には高い割合で駿河湾から延びる収束線が形成されるが,北風事例が少ないため,北風時の収束域出現頻度は全体の約0.3%であった.
  • 上坂 太郎
    日本航海学会誌
    1958年 19 巻 57-61
    発行日: 1958/09/30
    公開日: 2017/09/26
    ジャーナル フリー
    In 1956, prof. H. Riehl of the Chicago University and H. W. Haggard of the U.S. Navy published some results on the prediction of 24-hours hurricane motion in the Journal of Meteorology of American Meteorological Society. The writer thought that the methods were useful to the ship officer to predict typhoon motion. So he applied the principles to the prediction of 24-hours typhoon motion in the south western part of the North Pacific. The results which the present writer obtained seemed fruitless, but mainly this was owing to the scarcity of data, or the poor accuracy of present weather maps. Therefore, the methods should be evaluated in future investigations.
  • 宮嵜 武
    日本流体力学会誌「ながれ」
    2008年 27 巻 5 号 397-402
    発行日: 2008/10/25
    公開日: 2010/10/22
    ジャーナル フリー
    地球流体現象は地球自転にともなうコリオリカと安定密度成層にともなう浮力の影響を強く受ける.鉛直方向の運動は抑制され, 寿命の長い渦構造が出現し, 流れの動力学やスカラー輸送現象を支配する. 竜門賞受賞論文との関連で, この10数年の地球流体中の渦構造の安定性や相互作用に関する研究を振り返る. 主に準地衡風近似のもとでの理論・数値的研究を紹介して, 今後の発展方向を探る.
  • 松永 信博, 福田 和代, 片岡 治
    水工学論文集
    1999年 43 巻 227-232
    発行日: 1999/02/10
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    The vertical profiles of wind velocity under the pressure distribution typical in the winter season have been investigated on the basis of the data acquired from December, 1996 to February, 1997. The observations in the lower layer were made above Fukuoka City by using a Doppler sodar. The data which Fukuoka and Kagoshima meteorological observatories obtained by releasing rawinsondes were used as ones in the upper layer of the atmosphere. A strongly stratified layer is formed between the Ekman layer and the free atmosphere. The existence of the layer makes the vertical profiles of wind velocity complicated. The geostrophic wind velocity in the free atmosphere varies linearly because of the horizontal gradient of temperature. The wind profiles have been analyzed by using a onedimensional model in which the eddy diffusivitiy and the geostrophic wind vary with the height. The analyzed results agree well with the observed ones.
  • 金久 博忠
    Papers in Meteorology and Geophysics
    1993年 44 巻 2 号 39-44
    発行日: 1993年
    公開日: 2006/10/20
    ジャーナル フリー
     Hoskins et al. (1978) は準地衡風系で非地衡風循環を考察し地衡風平衡が地衡風自身によって破壊される傾向性をQベクトルと名付けた。此の破壊的傾向性にも関わらず準地衡風的である為にはQベクトルによって非地衡風循環が惹起される事を示した。此のQベクトル方程式は準地衡風系で導かれたにも関わらず前線循環の診断に有効である事が謎であった。Davies-Jones (1991) はprimitive系で非地衡風循環を考察し準地衡風近似よりも弱い近似の下にQベクトル方程式と同様の非地衡風循環方程式を導いた。即ちQベクトル方程式を導くのに準地衡風近似と言う強い近似は必要ない事を示した。Qベクトルは水平ベクトルであるがXu (1992) は準地衡風系でQベクトルを3次元に拡張しそれをCベクトルと名付けた。此処ではDavies-Jones (1991) の弱い近似を3次元に一般化してSemigeostrophic系及びPrimitive系でのCベクトル方程式を導く。
  • 松本 純, 河村 洋
    熱工学講演会講演論文集
    2001年 2001 巻 OS-18II/B111
    発行日: 2001/11/03
    公開日: 2017/08/01
    会議録・要旨集 フリー
    A direct numerical simulation (DNS) is performed on the turbulent Ekman boundary layer over two-dimensional wavy terrain. In the upper part of the Ekman boundary layer, the geostrophic wind is driven by the balance between the atmospheric pressure gradient and the Coriolis force. The hills are arranged vertically to the direction of the geostrophic wind. The re-circulation vortex occurs in the valley between the hills. The flow in the direction parallel to the hill is dominant in the valley. The thickness of the Ekman boundary layer is significantly increased compared with the flow on the flat ground owing to the enhanced turbulence induced by the wavy terrain.
  • 瀬戸 芳一, 高橋 日出男
    日本地理学会発表要旨集
    2013年 2013s 巻 S0104
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/09/04
    会議録・要旨集 フリー
    1. はじめに
     関東平野の内陸域では猛暑日数の増加傾向が認められ,この傾向は東京周辺から埼玉・群馬県南部にかけての広範囲にわたることが指摘されている(藤部,1998).また,局地風系のパターンと地衡風型の関係が経年変化していることが指摘されており(Fujibe,2003),これらに関連して,関東平野の風系分布と内陸部の気温との関係を解析した.
    2. 資料と解析方法
     気象庁によるアメダス観測資料などに加えて,各都県による大気汚染常時監視測定局のデータもあわせて利用した.解析期間は1979年から2008年(30年間)の7,8月とし,地衡風速6 m/s以下かつ半数以上の気象官署(関東周辺)で日照8時間以上,日降水量1 mm未満の日を海風日として抽出した(332日).特に,平野部の気象官署すべてで条件を満たす日を典型海風日に選び(79日),時刻ごとの気温,風についてコンポジット平均を行った.
    3. 結果と考察
     海風日における熊谷の高温(35℃以上)は,熊谷と東京との日最高気温差TK-Tが大きい場合に現れやすく,海風日に占めるこのような日の割合は経年的に増加傾向にある(図 1).TK-Tの小さい場合には,熊谷における気温の上昇量が小さく(図 2),低温な東風海風が顕著に侵入するのに対し,TK-Tの大きい場合には東風成分が弱い(図 3).近年は後者に相当する場合がやや多く,同様の風系は地衡風向が西~北寄りの場合にみられる.そのことが海風日における熊谷など北関東の高温増加に関与している可能性がある.
  • 小池 幸人, 中村 厚, 澤渡 信之, 戸田 晃一
    日本物理学会講演概要集
    2017年 72.2 巻 21aJ25-11
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/11/13
    会議録・要旨集 フリー
  • 小池 幸人, 中村 厚, 澤渡 信之, 戸田 晃一
    日本物理学会講演概要集
    2016年 71.2 巻 16aAE-5
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/12/05
    会議録・要旨集 フリー

    木星の大赤斑をRossby波のKdVモデルによって理解しようと試みは古くから数多くなされている。YamagataとFlierlらにより提唱された中間地衡風(IG)力学は,その渦糸解の非対称性,すなわち低気圧が高気圧より極めて安定である等,大赤斑の特性を理解するうえで様々な利点がある。我々はWilliams-Yamagataの模型[1]にしたがって,大赤斑の安定性(長寿命)の起源を,特に,背景にあるKdV的な可解性との関連に焦点を当てて,詳細に議論する。参考文献[1] Williams, Yamagata &quot;Geostrophic regimes, intermediate solitary vortices and Jovian eddies&quot;

  • 今野 優哉, 下田 裕一, 宮嵜 武
    日本物理学会講演概要集
    2015年 70.1 巻 22aAK-13
    発行日: 2015/03/21
    公開日: 2017/07/10
    会議録・要旨集 フリー
  • 澤田 龍吉
    気象集誌. 第2輯
    1944年 22 巻 6-7 号 251-255
    発行日: 1944/07/05
    公開日: 2009/02/05
    ジャーナル フリー
    Equations of steady motion are as usual:-
    where k is a coefficient of friction. V denotes the absolute velocity of wind, and then u=Vcosδcosα, v=Vcosδsinα, w=Vsinδ where δ is the slope angle of the earth.
    Pressure gradient is in direction n, and Notations α, β, δ, n, … are shown in fig. 1. After some simple transformations, we get (β-α) is an angle between pressure gradient and wind. (If the motion is only horizontal, the equation becomes This is Gull berg and Mohn's formula.)
    The equation shows that the angle (β-α) is a function of variables α, δ and φ. For example, of the wind is southerly, we get tg (β-α) 0 and so (β-α) 0 as δ tends to φ, also the slope angle δ equals to latitude φ In such a case, the wind blows perpendicularly to isobars.
    Thus, we know that (β-α) varies widely with δ, the slope angle of the earth.
    Numerical example: k is 7.6×10-5.
    Two cases (uortherly and westerly winds) are calculated on the latitudes 20°, 30° and 40°. Fig. 2 is the graph.
    From these discussions, we know that slope effect is not smaller than the other effec_??_s (∂/∂t, w∂/∂_??_ and so on), and we may say:- The angle between pressure gra_??_ient and wind fluctuates greatly as the result of slope effect, and not of acceleration or other factors.
    If we use Naver-Stokes' equations, we get almost the same results in free air, and it may be said:-
    Whem there is some vertical current, wind direction fluctuates greatly. The so-called “Ablenkungs Winkel” from geostrophic wind is not always the result of acceleration in the meaning of Ertel, Brunt-Douglas and others.
  • 藤野 毅, 浅枝 隆, 和氣 亜紀夫
    環境システム研究
    1994年 22 巻 280-285
    発行日: 1994/08/20
    公開日: 2010/03/17
    ジャーナル フリー
    In general, the sea and land breezes are said to have a much effect on the heat island convection. The characteristics of sea and land breeze, however, depend much on daily larger scale conditions, such as the mesoscale pressure distribution. Thus it is needed torelate the local heat island phenomena. This study is, therfore, aimed firstly at investigating the existing sea and land breeze effect on the heat island phenomena in this area, and then at evaluating the effect of geostrophic wind on the convection.
  • 高橋 浩一郎
    気象集誌. 第2輯
    1944年 22 巻 1 号 19-21
    発行日: 1944/01/05
    公開日: 2009/02/05
    ジャーナル フリー
feedback
Top