日本補綴歯科学会誌
Online ISSN : 1883-6860
Print ISSN : 1883-4426
ISSN-L : 1883-4426
◆企画:令和3年度九州支部学術大会/特別講演2 「補綴学教室におけるベーシックリサーチ」
日本補綴歯科学会,Journal of Prosthodontic Researchの研究トレンドと国際的位置づけ
鮎川 保則
著者情報
ジャーナル 認証あり

2022 年 14 巻 2 号 p. 137-143

詳細
抄録

 公益社団法人日本補綴歯科学会(JPS)は学術大会を開催し,また機関誌であるJournal of Prosthodontic Research(JPR)を発行して学会員の研究活動を広く公開している.これらの学会発表,あるいはJPR掲載論文を欧米の補綴歯科関連学会における発表および機関誌掲載論文と比較すると,バイオロジー研究や材料学的研究が多い等のJPS/JPR独自の特徴が見られる.また,JPRは補綴歯科関連国際誌のなかでも最も高いインパクトファクターを有しているが,他の指標と合わせて雑誌を評価すると,投稿者の国際的広がりや,掲載論文の国際的インパクトの点において改善の余地があると感じられる.

著者関連情報
© 2022 公益社団法人日本補綴歯科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top