赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
論文
ペンローズ『会社成長の理論』を読む
高橋 伸夫
著者情報
ジャーナル フリー

1 巻 (2002) 1 号 p. 105-124

詳細
PDFをダウンロード (644K) 発行機関連絡先
抄録

ペンローズの主張を正面から理解する鍵は、規模の経済性とは別の概念としての「成長の経済性」を理解することにある。未使用の立ち上げ屋的経営サービスが存在すれば、成長の経済性が生まれ、規模にかかわらず、企業にとっては成長の一歩一歩が利益を生む。成長率には経営的限界があるが、規模には限界がない。

著者関連情報
© 2002 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top