赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
経営学輪講
相互学習モデルの本当の結論
経営学輪講 March (1991)
三富 悠紀高橋 伸夫
著者情報
ジャーナル フリー

13 巻 (2014) 9 号 p. 353-370

詳細
PDFをダウンロード (505K) 発行機関連絡先
抄録

The mutual learning model of March (1991) concludes that “slow learning on the part of individuals maintains diversity longer, thereby providing the exploration.” However, the simulations of March (1991) excluded both ends of the socialization rate domain. When compensating for those missing portions, there is an optimal socialization rate that actually maximizes the average knowledge level.

著者関連情報
© 2014 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top