赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
査読つき研究論文
専属的な受託生産企業の発生と存続のメカニズム
自動車産業におけるトヨタとトヨタ九州の委託生産関係
三嶋 恒平
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 15 巻 2 号 p. 41-98

詳細
抄録

本稿は自動車産業におけるトヨタ九州を事例に専属的な受託生産企業の発生と存続のメカニズムについて歴史的経緯、企業行動と戦略、コーポレート・ガバナンスから検討した。中核企業であるトヨタが子会社であるトヨタ九州を通じて委託生産を行う理由は、中核企業の経営資源不足を契機とし、資源不足代替のため設立された専属的な受託生産企業は強制された能力構築競争を通じて競争優位を構築し、結果として専属的な委託生産の経営合理性が高まったからだった。またトヨタ九州はトヨタの事前合理的な意図通りのガバナンスに基づく子会社に育った一方、市場変化に伴う中核企業の経営資源の変動と高度化に対応する能力を創発的プロセスにより構築した。

著者関連情報
© 2016 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
次の記事
feedback
Top