J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

赤門マネジメント・レビュー
Vol. 15 (2016) No. 4 p. 241-266

記事言語:

http://doi.org/10.14955/amr.150403

ものづくり紀行

米国ラスベガスで開催されるCESは世界のコンシューマ・エレクトロニクス・ショーのなかで、出展数・集客数の増加から世界への発信力が増している。本年CESで見られたものは激変するエレクトロニクスと周辺産業で、新たな技術分野 (IoT、AI、VR、ドローンなど) の進化や、車産業とエレクトロニクス産業が無人運転を軸につながる様子や、ヒトと機械の融合の様子である。新たな技術動向を整理し、日本企業の喫緊の課題を論じる。

Copyright © 2016 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター

記事ツール

この記事を共有