赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
ものづくり紀行
米国CES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー)から見える新たなテクノロジー時代の幕開け
二又 俊文
著者情報
ジャーナル フリー

15 巻 (2016) 4 号 p. 241-266

詳細
PDFをダウンロード (3880K) 発行機関連絡先
抄録

米国ラスベガスで開催されるCESは世界のコンシューマ・エレクトロニクス・ショーのなかで、出展数・集客数の増加から世界への発信力が増している。本年CESで見られたものは激変するエレクトロニクスと周辺産業で、新たな技術分野 (IoT、AI、VR、ドローンなど) の進化や、車産業とエレクトロニクス産業が無人運転を軸につながる様子や、ヒトと機械の融合の様子である。新たな技術動向を整理し、日本企業の喫緊の課題を論じる。

著者関連情報
© 2016 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top