赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
調査報告
ASEAN拠点の戦略的活用
(下)中小企業の展開
善本 哲夫
著者情報
ジャーナル フリー

3 巻 (2004) 12 号 p. 619-630

詳細
PDFをダウンロード (479K) 発行機関連絡先
抄録

本報告は、ASEAN拠点の戦略的活用の調査として、『赤門マネジメント・レビュー』3巻11号に掲載した「ASEAN拠点の戦略的活用(上)再生と再編」の続編である。今回の調査では、日系企業のASEAN拠点に部材料を供給する中小企業のASEAN展開にも焦点を当てた。ここでは積極的な海外展開を進める2社のケースを紹介する。2社には、二つの共通点がある。第一に顧客企業に歩調を合わせ、迅速に海外展開をしたこと、第二にASEAN拠点を戦略的に活用するために、国内マザー工場が開発と量産機能を保持し続け、海外拠点とうまく連携する仕組みを持っていること、である。国内マザー拠点とASEAN拠点の分業関係をいかに構築しているのかを基軸に、IではASEAN拠点の製品再現能力の構築、IIではASEAN拠点への迅速展開、を述べる。

著者関連情報
© 2004 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top