赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
査読つき研究論文
モジュールの抽出と製品パフォーマンス
テニス・ラケット産業を事例として
菊地 昌洋
著者情報
ジャーナル フリー

3 巻 (2004) 4 号 p. 131-196

詳細
PDFをダウンロード (1056K) 発行機関連絡先
抄録

製品全体のパフォーマンスを向上させる場合、インテグラル化が必要だと思われがちだが、当然ながらモジュラー化が有効になる場合がある。テニス・ラケットに関して、バボラ社はウーファーに振動吸収機能を集約するモジュールの抽出を行うことによって、反発性能を大きく損ねることなく振動吸収性能を向上させ、競合他社の模倣を受けつつも市場シェアを拡大した。

著者関連情報
© 2004 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top