赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
コンピュータ産業研究会報告
サムスン電子の経営戦略と組織能力
李 亨五
著者情報
ジャーナル フリー

3 巻 (2004) 7 号 p. 379-392

詳細
PDFをダウンロード (992K) 発行機関連絡先
抄録

本報告ではサムスン電子の競争力を同社の企業戦略及び競争戦略の観点から考察し、さらに、これらの戦略を可能にする組織能力について考察している。結論として、企業戦略については、優れた事業ポートフォリオが競争優位の源泉であり、それを可能にした組織能力としては、情報収集力及び専門経営者の能力、オーナー経営による強力なリーダーシップなどが挙げられる。そして、競争戦略と関連して、無線事業部の競争戦略については、徹底した差別化戦略が競争優位の源泉であり、それを可能にした組織能力としては、品質第一の経営体質、部品垂直系列化と開発アウトソーシング、業務プロセス革新と迅速な意思決定、ブランド重視経営、デザイン重視経営などが挙げられる。

著者関連情報
© 2004 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top