赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
社会ネットワーク研究会報告
企業ポイントは企業通貨といえるか
若林 隆久
著者情報
ジャーナル フリー

6 巻 (2007) 12 号 p. 659-674

詳細
PDFをダウンロード (577K) 発行機関連絡先
抄録

発行企業間で提携が結ばれ交換ネットワークが形成されてきたことにより、企業の発行する企業ポイントが注目を集めている。企業ポイントの流通性が高まっているという事実に着目して、雑誌記事や書籍では企業ポイントを「企業通貨」「新しいお金」として新たな通貨とみなす主張がなされている。本稿では、企業ポイントを新たな通貨とみなす主張についてネットワーク分析の視点から検討を行う。分析の結果、現状では企業ポイントが企業通貨と呼べるほどには高い流通可能性を持っていないと結論付ける。

著者関連情報
© 2007 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top