赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
査読つき研究論文
ノンテリトリアル・オフィス研究の現状と課題
文献レビューによる成功条件の模索
稲水 伸行
著者情報
ジャーナル フリー

7 巻 (2008) 8 号 p. 557-586

詳細
PDFをダウンロード (772K) 発行機関連絡先
抄録

近年、ファシリティ・コストの削減や知識創造の観点からノンテリトリアル・オフィスの有用性が喧伝されているが、既存のオフィス研究はプライバシーやパーソナリゼーションが問題になる可能性を指摘している。ただし、いくつかの条件を満たせばこれらは問題にならないことも示唆されている。以上から、(1)ノンテリトリアル・オフィスの安易な導入は慎むべきだということ、(2)ノンテリトリアル・オフィスの成功条件を探る研究・調査の蓄積が望まれていることを示す。

著者関連情報
© 2008 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top