赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
ISSN-L : 1347-4448
コンピュータ産業研究会報告
モジュール化の終焉と統合への回帰
情報化の長期トレンド
田中 辰雄
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2009 年 8 巻 5 号 p. 263-274

詳細
抄録

情報通信産業ではモジュール化が進んできた。モジュール化とは製品をユニットに分解してそのインタフェースを一般に公開し、ユーザがそれを自由に組みあわせることである。インターネットもパソコンもモジュール化製品の代表格であった。しかし、現在このモジュール化が逆転し、統合化へ回帰する兆しがある。パソコンの家電化、携帯電話の隆盛、VPN・NGN、クラウドコンピューティングなどをその兆しと捕らえることができる。はたしてモジュール化は終焉するのか。そもそもモジュール化はなぜ生じたのか。これらの問いに対し、歴史的な考察と実証分析をもとに答える事を試みる。結論は、今後はモジュール化が終焉し統合への回帰が進むというものである。

著者関連情報
© 2009 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事
feedback
Top