赤門マネジメント・レビュー
Online ISSN : 1347-4448
Print ISSN : 1348-5504
コンピュータ産業研究会報告
企業活動における知財マネジメントの重要性
クローズドとオープンの観点から
菅田 正夫
著者情報
ジャーナル フリー

9 巻 (2010) 6 号 p. 405-436

詳細
PDFをダウンロード (1388K) 発行機関連絡先
抄録

本稿では重要度が増している知的財産マネジメントを、クローズドとオープンの観点から論じる。まず、キヤノンの知財マネジメントを考察し、企業活動を「3軸 (ビジネスモデル、知的財産権、技術進化の自由度)」で捉えることを提案する。次に、IBMとサムスン電子について、ビジネスモデルと知的財産の観点から考察し、IBMの「強みをカネに変える仕組み」と、サムスン電子の「プリンタ事業への新規参入」について、3軸の観点から分析を行う。また、オープンの方向に進んでいる社会環境に適合したビジネスモデルの重要性についても議論する。最後に「ストーリー性のある積分型ビジネスモデル」で成功を収めたIBMとサムスン電子の事例を分析し、日本企業に必要な、今の環境に合うビジネスモデルについて考察する。

著者関連情報
© 2010 特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです
feedback
Top