バイオメカニズム
Online ISSN : 1349-497X
Print ISSN : 1348-7116
ISSN-L : 1348-7116
3部 スポーツ
テコンドーの前回し蹴り動作における素早さとは
木下 まどか藤井 範久
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 23 巻 p. 151-160

詳細
抄録

本研究の目的は, テコンドーの前回し蹴り動作における 「素早さ」 を明らかにすることであった. そこで, 蹴り動作移行前に行われるステップ動作 (以下, リズム運動) に着目し, 主観的, 時間的, 速度的 「素早さ」 について検討した. その結果, 主観的 「素早さ」 は, リズム運動速度の周期および振幅の類似性によって評価することが可能であり, 時間的, 速度的 「素早さ」 とはトレードオフの関係になることが明らかになった. したがって, 指導の際には, どの 「素早さ」 を優先させているかに留意する必要がある. また, 時間的 「素早さ」 を高めるための巧みな技術は, 逆振り子的な身体重心速度方向の切り替えにあることが推察された.

著者関連情報
© 2016 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事
feedback
Top