Drug Delivery System
Online ISSN : 1881-2732
Print ISSN : 0913-5006
特集 “がんの分子標的治療” 編集 : 山口俊晴
テロメア維持機構をターゲットとしたがん治療
清宮 啓之
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 21 巻 1 号 p. 24-31

詳細
抄録

染色体末端におけるテロメアの短縮は, DNA損傷応答を惹起して細胞老化を誘導することから, 発がん予防の一翼を担うと考えられている. がん細胞の無限増殖性はテロメラーゼによるテロメア長の維持に依存しているため, テロメラーゼ阻害剤は新たながん分子標的治療薬となりうる. テロメラーゼのテロメア会合を促進すると考えられるタンキラーゼ1もまた, 有望なテロメア分子標的である. テロメラーゼ阻害剤の制がん効果はテロメアの短縮に依存すると考えられてきたが, 最近ではテロメア非依存的な作用メカニズムの存在も示唆されている.

著者関連情報
© 2006 日本DDS学会
前の記事 次の記事
feedback
Top