ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
ミニ特集 セミナー
テクノロジー・シーズの商業化リスクをいかに克服すべきか
樋原 伸彦
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 53 巻 12 号 p. 1147-1151

詳細
抄録

テクノロジー・シーズの商業化の活性化は経済全体(あるいはエコシステム全体)の大きな課題となっている。本セミナーでは、ライフサイエンス分野とICTなど他のテクノロジー分野のリスク・プロファイルの相違を確認した上で、どのような施策あるいは工夫がテクノロジー・シーズの商業化を最適なレベルまで引き上げる可能性があるのかを考えてみたい。ICT分野においては商業化のレベルを上げる施策にある程度の効果が確認できるが、ライフサイエンス分野ではまだ試行錯誤が続いている状況と言える。

著者関連情報
© 2017 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top